足骨折

骨折してあまり外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。  >> 骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

足骨折の症状・原因・治療法

足首の骨折というのは、足をひねってしまったときなどによく起こります。靭帯付着部での軽い剥離骨折の場合、重いねんざと似た症状なので骨折に気づかない人もいます。通常、足首の骨折は装具で3〜6週間の患部固定をすると完治します。しかし、くるぶしの骨を骨折してしまうと重症です。内顆や外顆の骨折は、立ったり歩いたりする度に激しい痛みが走ります。骨の位置にずれがなければギプス治療を行い完治を待ちますが、転位骨折の場合だと固定手術が必要になります。



また、足の骨折は、転倒やひねり、硬いものにぶつけてしまったときなどに起こります。足の骨折は強い痛みを伴うもので、体重をかけたり歩いたりするとさらに骨折部位への痛みが増してきます。足骨折の症状が酷い時は、立つことも出来なくなります。骨折の原因はスポーツ事故が多いのですが、柱や物に足指をぶつけるなど、日常の事故も少なくありません。足の骨折の診断には、主にX線検査を用います。場合によっては、CT検査やMRI検査を行う場合もあります。足骨折の治療法は骨折部位や怪我の程度などでも違いますが、一般的にはギプスで固定して治療を行います。

足骨折の種類

先に述べた骨折の他に足骨折には、「距骨骨折」「舟状骨骨折」「立方骨骨折」などといった種類の足骨折もあります。これらは足関節の捻挫が原因の場合が多く、慢性的歩行痛や変形性足関節症など、後遺症を招く心配があります。



また、足部には踵や足関節を構成する「足根骨」と、足の甲を構成する「中足骨」と呼ばれるものがあります。踵骨骨折の多くは、高所からの転落や踵を強打した場合に起こるものです。踵骨骨折は後遺症が残ってしまう場合もあるので、踵骨骨折の診察時には骨折型の判定が重要となってきます。



そして、物を落としたり踏まれたりなど外傷を受けやすい中足骨は、「日常生活で骨折しやすい部位」とも言われています。また、中足骨は外反母趾など足の不安定要素と反復する外力の影響で、疲労骨折が起こってしまうことが多い場所でもあります。主な中足骨の骨折の種類には、「外傷性骨折」「下駄骨折」「疲労骨折」などがあります。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。

骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折してなかなか外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。