骨盤骨折

骨折してあまり外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。  >> 骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨盤骨折

骨盤骨折というのは、人だけでなく、犬の骨折としても多い症状です。骨盤骨折の原因の多くは、交通事故など外部からの力による骨折が圧倒的です。骨盤骨折では、後肢をひきずる、歩行ができないなどの運動障害や、排便・排尿の障害などが症状として表れます。人も犬も、専門医の下で正しい診断を受け、椎間板の疾患としっかり区別することが大切です。骨盤というのは、もともと箱のような構造をしている骨格なので、一度骨折した部分というのは繰り返し骨折しやすくなってしまいます。犬の骨折の場合であっても、解剖学的にみて骨盤を元の位置関係に整復することが最善策であると考えられています。



なお、骨盤の周辺には、大き目の動脈が存在します。骨盤を骨折するとこの動脈が損傷してしまい、この血管損傷によって後腹腔内に大量出血が発生してしまいます。骨盤骨折の中には、数センチ程度の小さな剥離骨折も含まれますし、骨盤全体が粉砕するほどの重症多発骨折まで含まれます。高速道路での自動車事故など、高エネルギー損傷による骨盤骨折の場合は、DOAやショック状態を引き起こしてしまうこともあり、大変危険です。



そして、骨盤骨折のなかでも、腸骨稜(ちょうこつりょう)、上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)、下前腸骨棘(かぜんちょうこつきょく)、坐骨結節(ざこつけっせつ)の4か所というのは、裂離骨折が発生する場合があります。この4か所は、運動で重要な下肢や体幹の筋肉の付着部がある部位なのです。これらの箇所の剥離骨折は、スポーツ選手によくみられます。早期発見できればさほど問題ありませんが、こうした剥離骨折に気づかず、診断が遅れてしまうと、治療期間の長期化や筋力低下を招いてしまいます。また二回目の受傷が大きく響いてしまうこともあるため、骨盤の裂離骨折の疑いがある場合は、早めにレントゲン検査による正確な診断を受け、治療開始することをすすめます。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。

骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折してなかなか外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。