手首骨折

骨折してあまり外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。  >> 骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

手首骨折の治療法

手首を骨折してしまった場合、ギプスなどで手首を固定しているために、手術をした、しないにかかわらず、手首の動きが次第に硬くなったり、力が弱くなったりしてしまいます。そのため、日頃からギブス内で力を入れる訓練が重要になってきます。



本格的なリハビリは、手首の骨折が回復しギプスが外せるようになってから行ないましょう。人間の体の中でも、手首は非常に大事な場所なので、出来る限り痛みを残さない、動きを悪くさせない、力が弱まらないように治療を進める必要があります。



なお、手首の骨折部位のズレが大きい場合は、手術の必要が出てきます。また、骨折部位のズレが小さい場合でも、「バートン骨折」と呼ばれる不安定な骨折の場合などは、ギプスだけでしっかりと固定するのは難しくなります。中でも、骨折が関節面に入っている場合は、手術をおこなって骨のズレを戻したほうが手首骨折において賢明とされています。

手首骨折の応急処置

手首を骨折してしまった場合、まずは応急処置として副木をし、手関節を固定しましょう。その上で三角巾を使って首から腕を吊り、早急に医師の診断を受けてください。なお、先にも述べましたように、手首骨折の多くの場合は手術をせずに治療が可能です。



治療する際は、「骨折が小さく、手首の骨折箇所にズレがない」と診断された場合、そのままギプスを使って患部を固定します。また、手術を行なわなくてもいいくらいのズレが確認された場合は、まずその場でズレを戻し、それから患部をギブスで固定していきます。固定期間は個人差もありますが、通常は1ヶ月程度のギブス固定期間となります。しかし、骨の出来が悪い場合には長引く場合も少なからずあります。

手首骨折の手術

手首の骨折の手術の方法はいくつかあり、症状(骨折の状態)によって手術を使い分けて行ないます。それらの手術とは、主に、「皮膚の上からピンで固定する方法」、「切開してプレートという板状の金具をネジで固定する方法」、「創外固定という器械を用いておこなう方法」が挙げられます。また手術を行う場合は、一番に「傷口を清潔に保つこと」を心がけて行なわれています。



なお、手首の骨折患者というのは冬場が最も多く、中でも中年の女性に多いと言われています。冬場は筋肉・関節・靭帯が硬くなりやすいですから、それに伴って、どうしても手首などの間接部位を骨折しやすくなります。また、冷え性に代表されるように、女性は血行不良を起こしやすいですから、なおさら冬場に手首の骨折を招きやすいのです。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。

骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折してなかなか外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。