疲労骨折

骨折してあまり外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。  >> 骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

疲労骨折の症状

骨折と違いヒビはX線に映りにくいため、初期段階の疲労骨折だと気づきにくい場合があります。しかし、外傷はないが痛みがある、腫れや赤味がある、押すと痛みを感じる、運動時に痛むといったような症状がある場合には、疲労骨折の疑いが十分にあります。



なお、疲労骨折というのは、「骨の同じ部位に繰り返し外力が加わることによって、ヒビができてしまう症状」です。金属で例えると、金属の同じ部分を何度も曲げていると、その部分は次第にやわらかくなって最後は折れてしまいまいますよね?この金属疲労の原理は、疲労骨折の症状と非常によく似ています。



疲労骨折の治療法としては、基本的に患部に負荷を与えないようにすれば、ひびは自然に完治していきます。そのため、疲労骨折で薬物治療や手術を行うことはほとんどありません。初期段階の疲労骨折であれば、数週間安静にすることで完治できます。そして、この疲労骨折の治療期間中も、水泳などの患部にあまり負担にならない程度の軽い運動ならば行なうことが出来ます。

疲労骨折の治療法

疲労骨折というのは、骨が完全に折れてしまっている状態ではないので、添え木やギブスなどで固定する必要がありません。ただし、場合によっては疲労骨折の患部を動かさないために、疲労骨折した部位をテーピングで固定することがあります。



また、疲労骨折には、骨折時のような我慢できないほどの激痛はありません。そのため、スポーツ選手の中には、痛みを我慢して運動を続けてしまうこともあります。しかし、当然ながら、これは自分の体を傷つける行為に繋がります。疲労骨折の治療をせずに放置していると、腫れが生じてきたり、痛みが慢性化してしまうこともあります。



なお、疲労骨折が起こりやすい部位は、足の甲です。続いて、すねのけい骨も疲労骨折が起こりやすいと言われています。このように基本的に疲労骨折は下肢に起こりやすい骨折なのです。もちろん、疲労骨折が腕などでも起こることもありますが、基本的には疲労骨折が起こりやすいのは下肢だということを覚えておきましょう。そして、スポーツなどで下肢へ過度な負担をかけた際には、マッサージするなどしてしっかりとクールダウン(アフターケア)を心掛けて下さい。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。

骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折してなかなか外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。