剥離骨折

骨折してあまり外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。  >> 骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

剥離骨折の症状

剥離骨折のことを簡単に説明すると、「筋肉の力によって引っ張られて骨がはがれてしまう骨折」のことを剥離骨折といいます。具体的には、剥離骨折とは、筋肉・腱・靭帯などが引っ張られることでその付着部を含む骨が剥離してしまい、骨片をつくってしまう症状のことです。この骨片は、腱や靭帯に引っ張られることにより変位してしまいます。



骨折してしまった時というのは骨折の痛みが強く、もしも足を骨折してしまったときなどは立ち上がれなくなってしまうほどです。しかし、剥離骨折の場合、多少の痛みは感じるものの、他の骨折ほどの強い痛みや、歩けなくなるほどの強い症状はあまり出ません。



したがって、剥離骨折は個人で「これは骨折だ!」と判断するのが難しいのです。「捻挫だと思っていたんだけど、実は剥離骨折だった・・・」などということも少なくないのですね。ですので、捻挫だと思っていても、その症状が長引くようでしたら剥離骨折の可能性を疑って、まずは病院での診断をしてみることをオススメします。

剥離骨折の治療法

骨折治療というのは、ただ骨を元の形態に戻すだけではいけません。しかし、剥離骨折というのは、単純にX線写真では確認することができません。したがって、すべての骨には筋肉、靭帯、腱があるという意識が重要になってくるのです。ただの捻挫だと間違えられてしまうことが多いのですが、剥離骨折というのは通常の生活に大きく支障をきたします。



また、自然治癒や自己流のテーピングでは剥離骨折の治りが長引いてしまうので、剥離骨折の治療法としては「固定ギプス治療」を行なうのが一般的です。剥離骨折は中途半端な固定の仕方をしてしまうと、同じような捻挫を繰り返してしまうようになります。こうなってしまうと、慢性的な痛みや不安定性が残ってしまうことになっります。



その他にも、剥離骨折の部位に誤ったテーピング処置などをしてしまうと、薬指や小指がいびつに曲がったままになったり、骨が曲がってしまって関節が曲がらなくなったりする可能性もあります。一度こうなってしまったら、もう手の施しようがありません。自己判断で放っておいたりせず、少しでも剥離骨折の疑いがある場合は、専門医の下で治療するようにしましょう。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。

骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折してなかなか外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。