骨折のリハビリテーション

骨折してあまり外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。  >> 骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

訪問型の骨折リハビリテーション

「訪問リハビリテーション」や「介護予防訪問リハビリテーション」など、最近では自宅で受けられるリハビリも種類が非常に増えてきました。このリハビリシステムのおかげで、整形外科などに行くことができないご老人も、自宅でリハビリ指導を受けることが出来るようになりました。また、こういった訪問型のリハビリテーションでは、リハビリ指導だけでなく、骨折からの回復をサポートしてもらえることもできます。自宅で自分1人で骨折のリハビリをやるのは大変ですが、こういった専門的なリハビリシステムがあれば安心です。

リハビリとカイロプラクティック

骨折では骨折部位周辺の筋肉が損傷を受けており関節も固くなっているので、骨折のリハビリではまずこの筋力を戻す努力が必要になります。荷重関節か非荷重関節の違いなど、受傷した部位によってリハビリの方法は異なってきますが、専門医の指導を受けることにより、誰でも骨折のリハビリは実践できます。



また、骨折治療のためにはリハビリで動かすだけでなく、カイロプラクティックも取り入れた方が、よりリハビリ効果が表れると言われています。一度の骨折でも、体の機能的なバランスというものは崩れてしまいます。そういた機能面をきちんと回復させないまま無理にリハビリを続けてしまうと、回復が遅れるだけでなく、骨折の後遺症が残りやすくなってしまいます。骨折を正しく完治させたいのであれば、「リハビリ+カイロプラクティック」が大事です。

骨折リハビリの基本

骨折のリハビリの方法や考え方など、考え方というのは病院によって違いがあります。しかし、近年、骨折後は積極的にリハビリを行なう方が回復は早まるということが、骨折医療の研究によって明らかになってきました。



原則的に骨折した後のリハビリでは、骨折部近くの関節を動かすことがもっとも重要であると言われています。そして、骨折治療にはギプスによる外固定や、手術による内固定など、骨折部分をしっかりと固定することが必要です。



1.患部の固定をしっかり行う
2.そして、患部周辺の間接を動かす



骨折のリハビリテーションでは、これが重要なポイントとなるわけですね。関節を長期間動かさないでいると、固まるように次第に動きにくくなってしまいます。そのため、リハビリは「暖めて動かす」ということ意識して行なうようにしましょう。こういった努力は、病院のリハビリ機器を使用しなくても日常的に実践することが出来ます。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。

骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折してなかなか外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。