骨折の後遺症

骨折してあまり外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。  >> 骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折の後遺症

骨折の後遺症について解説します。骨折は「ギプスをしていれば、そのうち治る!」と思っている人も多いですが、必ずしもそうではありません。骨折の後遺症で悩んでいる人はたくさんいるのです。整形外科医師など専門的な医師の指示に従って、適切な骨折治療を正しく行うようにしましょう。それでは、骨折の後遺症について詳しく解説していきます。

骨折の後遺症 骨壊死

「骨壊死」というのは、血行が遮断された骨折片が壊死してしまう症状を言います。この骨壊死は、「偽関節」や運動機能障害、慢性炎症などの原因となり、部位によっては重い後遺症を生じることもあります。偽関節というのは、骨折部位に関節が存在するかのように、可動性を生じる状態のことを表します。主に偽関節は、整復が不十分であったり、血行が遮断された骨折片の壊死などが原因となり、骨折の癒合が停止してしまったときに生じる症状です。

骨折の後遺症 変形治癒

「変形治癒」というのは、ずれた骨を正しく矯正しなかったり、矯正した骨を十分に固定しなかったために骨が曲がったままくっつくことを言います。この変形治癒は、主に回復途中に骨を患者が勝手に動かした場合に起こります。整復が難しい骨折や癒合していない骨は、変形治癒になりやすいので注意が必要です。変形治癒は美容的な問題だけでなく、血管や神経などの組織を圧迫したりして、正常機能を失ったりすることもあるので大変危険です。そして、折れた骨を接合する仮骨は、骨折の部位や程度によって通常よりも過剰に出ることもあります。また、骨のずれが正しく整復・矯正されない場合も、仮骨が過剰に出てきたりします。この過剰骨は、関節を動かせなくなったり、慢性的な痛みが続いたりする後遺症の原因になってしまうことがあります。

骨折によって命を落とすことも

骨折したときの骨片により、四肢の場合だと四肢、肋骨の場合だと肺や心臓を損傷してしまうことがあります。脊椎の骨折の場合だと、骨片が脊髄を損傷してしまうことがあり、最悪の場合支配領域が麻痺することもあります。更にこれが頸椎の場合だと、命を落とすケースもあるのです。また、骨髄や骨盤がある部位の骨折でも、出血性ショックが原因となり命を落とすことに繋がることもあります。その他に、高齢者が骨折してしまうと寝たきりになりやすく、結果認知症や肺炎などを併発するケースが多くみられます。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。

骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折してなかなか外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。