骨折の種類

骨折してあまり外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。  >> 骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折の種類1 ひび

重度の骨折の場合、その多くはすぐに医療機関で治療されます。しかし、ひびなどの軽度の骨折だと本人が気づかない場合も多く、結果放置された骨が癒合しないということもあります。「ひびなんて放っておけば勝手に治るでしょ!」などといったように“ひびは骨折とは違う”と認識している人もいますが、ひびは立派な骨折の一種です。そのため、ひびにも整形外科医などによる適切な治療と正しい診断が必要なのです。

骨折の種類2 複雑骨折

「複雑骨折」というのは、更に皮下骨折と開放骨折の2種類に分けられます。皮下骨折は「皮膚に損傷がない状態の骨折」で、単純骨折とも言います。一方、開放骨折は「皮膚が損傷して骨折部位が外に出てしまっている状態の骨折」を言います。この場合、筋骨格系の治療だけでなく、感染の治療も行なわなければならないので「複雑骨折」と呼ばれるのです。複雑骨折というのは、決して「複雑に折れている」という意味ではありません。

骨折の種類3 複合骨折

「複合骨折」というのは、骨折線が複数の方向に走ってしまっている状態の骨折を言います。さらにその骨折線の形状によって、複合骨折、斜骨折、螺旋骨折、縦骨折(じゅうこっせつ)、横骨折(おうこっせつ)に分けられています。骨が複数方向に折れてしまった状態ですので、治療が完治するまでには時間がかかります。

骨折の種類4 単純骨折

骨折部位が体外に出ていない骨折は「単純骨折」と言われています。別名「閉鎖骨折」とも呼ばれており、単純骨折の場合はほぼ筋骨格系の治療のみを行います。骨折の治療のポイント(どういった治療法を採用するか?)は、雑菌が混入する可能性です。ですので、骨折部と表皮が連続していない粉砕骨折(複雑骨折ともいう)の場合も、感染の危険が低いことから単純骨折と判断します。

骨折の種類 まとめ

骨折の種類として代表的なものには、上記のように「ひび」「複雑骨折」「複合骨折」「単純骨折」があります。そして、その他に、骨の連絡が完全に絶たれた「完全骨折」や骨の連絡が部分的に保たれている「不完全骨折」などがあります。他にも完治しにくいと判断される「難知性骨折」というのもありますが、最新の治療法により現在では骨の癒合を促進することが可能になってきています。



以上、代表的な骨折をいくつか紹介してきました。このように骨折には、外から骨に加わる力によって、圧迫骨折、裂離骨折、引違い骨折、粉砕骨折など、様々な種類があるのです。そして、細菌感染の可能性が高いか低いかで治療法を変えていくのです。



この記事を読んだ人にはこちらもオススメです。

骨折して暇な時に、僕がチェックした暇つぶしアイテム一覧 【楽天市場】

骨折してなかなか外出できない時、どうやって過ごしていますか?テレビ見たり、ゲームやったり・・・それもいいですが、他にもこんなにたくさんの暇つぶし方法があります。あなたはきっと驚くでしょう。